top / index / prev / next / target / source

2015-10-29 diary: Delphi から REST/JSONの呼び出し

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

Delphi から REST/JSONの呼び出し

Delphi から REST/JSONを呼び出すシンプルサンプルをメモします。ネイティブネットワークライブラリを利用した例です。

http://d.hatena.ne.jp/igapyon/20151028 のサーバーを呼び出す例です。

フォームに、TNetHTTPClient と TNetHTTPRequest コンポーネントを貼り付けます。

JSONライブラリを uses に追加します。

uses System.JSON;

その上でボタンイベントに以下の記述をおこないます。

Get 編

var
  RespStream: TMemoryStream;
  Resp: IHTTPResponse;
  RespJson: TJSONObject;
begin
  try
    // オブジェクトインスペクタによる設定で代替可能
    NetHTTPRequest1.Client := NetHTTPClient1;

    // オブジェクトを生成
    RespStream := TMemoryStream.Create;
    RespJson := TJSONObject.Create;

    // REST呼び出し
    Resp := NetHTTPRequest1.Get
      ('http://localhost:8080/simpleservlet/SimpleServlet', RespStream);

    // REST呼び出し結果をJSONとして解析
    RespJson := TJSONObject.ParseJSONValue(Resp.ContentAsString(TEncoding.UTF8))
      as TJSONObject;

    // まずは戻ってきた文字列を表示
    ShowMessage(Resp.ContentAsString(TEncoding.UTF8));

    // JSONとしての解析結果から値を取り出し
    ShowMessage(RespJson.GetValue('id').Value);
    ShowMessage(RespJson.GetValue('name').Value);

  finally
    // 生成されたオブジェクトの破棄
    FreeAndNil(RespStream);
    FreeAndNil(RespJson);
  end;

Post 編

var
  ReqParams: TStrings;
  ReqJson: TJSONObject;
  ReqJsonArray: TJSONArray;
  RespStream: TMemoryStream;
  Resp: IHTTPResponse;
  RespJson: TJSONObject;
begin
  try
    // オブジェクトインスペクタによる設定で代替可能
    NetHTTPRequest1.Client := NetHTTPClient1;

    // オブジェクトを生成
    ReqParams := TStringList.Create;
    ReqJson := TJSONObject.Create;
    ReqJsonArray := TJSONArray.Create;
    RespStream := TMemoryStream.Create;
    RespJson := TJSONObject.Create;

    // JSONの値を設定
    ReqJson.AddPair('id', '22222');
    ReqJson.AddPair('name', 'Haruko Tanaka');
    ReqJsonArray.Add('Train');
    ReqJson.AddPair('drive', ReqJsonArray);

    // REST呼び出し
    ReqParams.Add('json=' + ReqJson.ToString);
    Resp := NetHTTPRequest1.Post
      ('http://localhost:8080/simpleservlet/SimpleServlet', ReqParams,
      RespStream, TEncoding.UTF8);

    // REST呼び出し結果をJSONとして解析
    RespJson := TJSONObject.ParseJSONValue(Resp.ContentAsString(TEncoding.UTF8))
      as TJSONObject;

    // まずは戻ってきた文字列を表示
    ShowMessage(Resp.ContentAsString(TEncoding.UTF8));

    // JSONとしての解析結果から値を取り出し
    ShowMessage(RespJson.GetValue('id').Value);
    ShowMessage(RespJson.GetValue('name').Value);

  finally
    // 生成されたオブジェクトの破棄
    FreeAndNil(ReqParams);
    FreeAndNil(ReqJson);
    FreeAndNil(RespStream);
    FreeAndNil(RespJson);
  end;

この日記について