top / index / prev / next / target / source

2011-05-15 diary: 日本医師会が定例記者会見で文部科学省「福島県内の学校・校庭等の利用判断における暫定的な考え方」に対する日医の見解を発表

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

日本医師会が定例記者会見で文部科学省「福島県内の学校・校庭等の利用判断における暫定的な考え方」に対する日医の見解を発表

http://www.med.or.jp/shi…no1420.html

「この“一般公衆における参考レベル”である1~20ミリシーベルトの最大値の20ミリシーベルトを限界値としたことの科学的根拠が不明確であり、また成人と比較し、成長期にある子どもたちの放射線感受性の高さを考慮すれば、国の対応はより慎重であるべきとの考えを示した。」


この日記について