top / index / prev / next / target / source

2011-04-16 diary: 「直ちに健康に影響が出るレベル」についての厚生労働省の見解

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

「直ちに健康に影響が出るレベル」についての厚生労働省の見解

http://www.jca.apc.org/m…o110328.htm

とくに気になった点は以下。

Q: 「直ちに健康に影響が出るレベル」について A: 厚労省としてははっきりしていない

Q: 食品の暫定規制値では、1年で17ミリシーベルトもの被ばくになるのか? A: YES

Q: 現在の食品の暫定規制値では、あとで健康被害が出る懸念はないのか? A: 後になって健康影響がでるかも知れない

メモ: 東洋経済Web版: 確実に広がる放射能、福島県内学校の75%が放射能「管理区域」レベルの汚染

http://www.toyokeizai.ne…7ee/page/1/

福島県の調査結果を分析したうえでの記事。

特に子供たちの晩成影響がとても心配です。 もし福島県の子供全員を疎開させるとすると、多くの困難が伴うことでしょう。心配です。

また、この割合で福島県内が管理区域レベルによって汚染されているのであれば、福島県周辺の地域についても、同様の調査を実施するのが妥当と考えます。


この日記について