top / index / prev / next / target / source

2010-06-29 diary: 10 年以内に「電脳コイル」的な時代が到来する

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

10 年以内に「電脳コイル」的な時代が到来する

過日、さまざまな SI 会社の技術者と、近未来の IT 像を話し合う機会がありました。

10 年以内に「電脳コイル」的な時代が到来する

過日、さまざまな SI 会社の技術者と、近未来の IT 像を話し合う機会がありました。

話を意訳すると、以下のような感じです。(あくまでも、いがぴょんによる意訳です) 近未来における IT と社会の姿時間軸 想像される IT と社会の姿 5 - 10 年後 電脳コイル的な技術が現実のものとして普及し利用される

10 - 15 年後 攻殻機動隊的な話題が現実のものとなる

振り返って考えてみると、現在、世間一般の方々が iPhone や iPad といった移動通信体を利用するような時代です。ところが、これは 5 - 10 年前には、とても想像できないような姿です。もはや SF です。すると、5 - 10 年後も、やはり、現時点では SF のように思えるようなことが、実際には ごく一般的に利用されるものになっていても、不思議ではありません。電脳コイル的な時代は、現実的な問題となってきたのです。

では、きたるべき時代の到来にそなえるために、今のうちに読んでおく/観ておく/知っておくべきと考えられるものは何だろうということで、以下のようなものが挙げられました。

いろいろ学ばねばならない事象があることがわかりました。

、、、などという話題などで盛り上がりました。そして、その後は、来るべき時代の SI 業のあり方などについても議論しました。

非常に有意義な時間を過ごすことができました。関係各社に、大変感謝しています。

それにしても、高井さん、すごいです。ものすごい知力です。情報収集力と処理能力の両方の面が、すばらしく高いです。また機会がありましたら、ぜひご一緒したいです。


この日記について