top / index / prev / next / target / source

2009-11-10 diary: GlassFish Server 2.1.1 リリース , トップ・プログラマーはテトリスを 1 時間で開発できる

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

GlassFish Server 2.1.1 リリース , トップ・プログラマーはテトリスを 1 時間で開発できる

世間のトップ・プログラマーは、テトリスを 1 時間で開発できるようです。

GlassFish Server 2.1.1 リリース

GlassFish Server 2.1.1 がリリースされていました。

トップ・プログラマーはテトリスを 1 時間で開発できる

世間のトップ・プログラマーは、テトリスを 1 時間で開発できるようです。★ちなみに、私には、そんな芸当はできません。

そういえば、以前 柏原(cypher256) さんとお会いした際に、Pleiades 原形部分 (ちゃんと機能するもの) は 3 時間で書きあげたんだよ、なんていう世間話を交わしたことを思い出しました。

あのような複雑なものを 3 時間で書き上げるとは、ものすごいことなんです。

そういえば、私自身、blancoNLpackGenerator の原形部分について、3 時間で書きあげたのでした。そうそう、その話題の時に、柏原さんの Plieades 開発秘話(?) を聞いたのでした。

ああ、、、何かアイデアが湧いたときに、そのアイデアの有意性を確認するために費やすことができる時間は、おおむね最大 3 時間程度です。そして、(私にとっては)集中力が持続する時間も、やはり おおむね最大 3 時間程度です。(1 時間が閾値になるものなのかどうかはさておき) 数時間程度といった限定された時間の中で、ある有意性をもったプログラムを書きあげる能力は、なにか新しいモノを生み出すためには重要なのであろうなぁ、と、ふと思いつく今日この頃。 (ほぼ同様の内容を過去の日記に書いたような記憶が有るような無いような…)

関連する日記


この日記について