top / index / prev / next / target / source

2008-11-18 diary: OpenSSO Enterprise 8.0 調査

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

OpenSSO Enterprise 8.0 調査

少し気合いを入れて OpenSSO を調査してみました。

OpenSSO Enterprise 8.0 調査

少し気合いを入れて OpenSSO を調査してみました。

2008.11.18 現在調査中…。結構手こずっています。後日更新予定。2008.12.18 Tomcat 6.0 でうまく動きました。いつか暇があったらスクリーンショットを更新したい… 2008.11.19追記 URLがFQDNで記述すれば解決するかも…

とりあえず、「どれをダウンロードしたら良いの?」ということでは、関係者の blog によると、以下のような位置づけになっているようです。

ということで、OpenSSO Enterprise を調べてみます。例によって モジュール (opensso_enterprise_80.zip)のサイズは 279MB と巨大です。

これを Apache Tomcat 6.0 にインストールしました。 (※Tomcat 5.5 だとうまく動きませんでした。Tomcat 6.0 だと うまくいきました)

OpenSSO Enterprise を解凍して、以下の war ファイルを取り出します。そしてこれをデプロイします。

N/A

warファイルだけで 70MB 程度のサイズがあり、デプロイには結構時間がかかります。しばらく我慢して待ちます。

デプロイが終わったら、http://ローカルホストのホスト名:8080/opensso/ にアクセスします。※localhost だと うまく動かない場合があります。hosts ファイルを編集し、ローカルホストに名称を付けてから動作させます。

N/A

設定オプションなる選択肢があるので、とりあえず「デフォルト設定の作成」を選択します。

N/A

パスワードを入力します。とりあえず amAdmin には password を、UrlAccessAgent には password2 を設定しました。

N/A

セットアップ進捗が表示されます。

N/A

これが表示されたらセットアップ完了です。

ちなみに OpenSSO の設定は、Tomcat でサービスでセットアップすると、意外な場所に保存されます。(おそらく他のアプリケーションサーバでも同様と想像しています)

また、デフォルトのセットアップでは OpenDS の LDAPポートは 50389 に設定されます。通常の LDAP のポート番号と異なるので注意が必要です。

2008.12.18追記 なお、OpenSSO の説明は、NRI の OpenStandia のサイトの説明が とても良くできています。

参考にしたリソース

関連する日記


この日記について