top / index / prev / next / target / source

2008-09-16 diary: Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) RC3 メッセージ変更差分確認 , Ganymede SR1動向ウォッチ

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) RC3 メッセージ変更差分確認 , Ganymede SR1動向ウォッチ

Eclipse 日本語化言語パック (サードパーティ版) に関連する作業として、Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) RC3 において、メッセージ変更差分がどの程度あるのかについて確認しました。

Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) RC3 メッセージ変更差分確認

Eclipse 日本語化言語パック (サードパーティ版) に関連する作業として、Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) RC3 において、メッセージ変更差分がどの程度あるのかについて確認しました。その結果、RC2から ほどんど変更のないことがわかりました。Eclipse 3.4.1 日本語化言語パックという範囲では、先ほど実施完了した RC2 対応で一応の完了をみたものと判断します。

上記の Eclipse 3.4.1 Classic (SDK) に対する翻訳成果については、Pleiades機能リクエストに反映済みです。恐らく Pleiades の次回ナイトリー・ビルドに取り込まれることでしょう。

一方 Eclipse Ganymede Java EE などのディストロの範囲で、Ganymede Fall におけるメッセージ変更差分についてはまだ確認していません (確認できません)。Ganymede Fall メンテナンス・リリースのリリース計画は いまいち把握しきれていませんが、過去の例からいうと、まず Classic (SDK) が固まってから Ganymede ディストロの RCビルド へとつながっていくのかしら? などと想像しています。いずれにしても、私の方ではまだ Ganymede Fall 関連の RCビルドを見かけていません。

2008.09.20追記 Eclipse 3.4.1RC3 を触ってみて、一番嬉しかったのは、Alt+F → X のキーボード・ニモーニックがユニークになるように改善されている点です。Eclipse 3.4 では これが エクスポート(X) と衝突していて、とても使い勝手が悪かったからです。この点が改善されただけでも、Eclipse 3.4.1は有意義なリリースです。

Eclipse Ganymede SR1 動向ウォッチ

少しまじめに Ganymede SR1 の動向をウォッチしようと思い、以前の記憶をたどりながら 以下の ML を見つけ、ざっと内容を確認しました。

2008.09.25追記 Ganymede Fall ではなく Ganymede SR1 が正式名称である模様

この中から、以下のエントリーを見つけました。

Ganymede Fall RC は まだ出ていないという状況であるようです。

2008.09.17追記 Eclipse Ganymede RC はナイトリー・ビルド・レベルで、すでに公開されていました。かしはらさんに情報を頂きました。

早速 翻訳差分の状況を調査してみました。その結果、対応が必要な変更点は 28件あることがわかりました。そんなに多くなくて ほっとしました。(ただし RC3 で 更に追加の変更などが発生する可能性はあります…)

また、これ以外にも、以下の URL が参考になります。

Pleiades 1.2.3p5 リリース

Pleiades 1.2.3p5 がリリースされています。


この日記について