top / index / prev / next / target / source

2007-09-26 diary: blancoMailCore α版 (0.4.0) リリース

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

blancoMailCore α版 (0.4.0) リリース

blancoMail のメール送受信コアライブラリ blancoMailCore のα版をリリースします。

blancoMailCore α版 (0.4.0) リリース

blancoMailのメール送受信コアライブラリ blancoMailCore のα版をリリースします。 blancoMailCoreは メール送受信にまつわる諸問題を解決する blancoMailソリューションの一部です。メール送受信を安全で簡単に利用できるようにするためのJavaライブラリ(jarファイル)です。blancoMailCoreは内部的には JavaMail APIを利用します。しかし blancoMailCoreを使うと JavaMail APIよりもずっと簡単にメール送受信を利用することができます。blancoMailCoreが提供するいくつかのバリューオブジェクトに値を設定してメソッドを呼び出すだけで、簡単にメール送受信機能を利用できます。 ※他の blanco Frameworkプロダクト群と異なり、blancoMailCoreはソースコード自動生成処理系ではありません。通常の実行ライブラリによる提供となります。

ようやっとα版としてリリースできるレベルに到達しました。特に、最近の2連続の連休の間に、目覚ましい進捗があったように記憶します (苦笑)。

α版 (0.4.0) リリースの主たる目的は 下記のようになります。

α版へのフィードバックを歓迎します。ただし、フィードバックをお寄せいただいたとしても、稼働不足や私の趣味との兼ね合いなどから、ご希望に添えない場合もあります。その旨、あらかじめご了承下さい。

なお、ケータイキャリア毎の動作確認・文字化け確認などの 広範な試験実施などについてはβ版で実施の予定です。ああ、試験計画書も作成しなくてはなりません…。

2007.09.27追記 JavaMail 1.4の Message-ID付与ルールが非常に気になったので、この点に対応して修正した blancoMailCore α2版 (0.4.2) をリリースします。Message-ID付与ルール以外にも 微細な調整をおこないました。

OSC2007 Tokyo/Fall に blanco Framework は出展しません

大変申し訳ないのですが、OSC2007 Tokyo/Fall に blanco Framework は出展しません。

家族で京都に旅行する予定と日程が重なってしまいました。これにより出展できないのです。

OSC2008 Tokyo/Springには 是非出展したく思っています。また、何か別の機会を見つけて blanco Framework 関連の出展またはイベント開催をしたく思っています。

初代ガンダム (ガンダム・ファースト)

最近 子供と一緒に 初代ガンダム (ガンダム・ファースト) にハマっています。レンタルビデオ屋さんで テレビ放映バージョンを借りてきて、毎日 少しずつ鑑賞しています。

世間のニュースから


この日記について