top / index / prev / next / target / source

2007-04-10 diary: こどもが よめる いごの ほん (子どもが読める囲碁の本)

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

こどもが よめる いごの ほん (子どもが読める囲碁の本)

かんじが よめない こどもでも よめる いごの ほんの いちらんを つくりました。ここにかいてあるほんには、ふりがながふってあります。ふりがなが ふってあるので、しょうがく 1ねんせいでもよむことができます。

こどもが よめる いごの ほん (子どもが読める囲碁の本)

かんじが よめない こどもでも よめる いごの ほんの いちらんを つくりました。ここにかいてあるほんには、ふりがながふってあります。ふりがながふってあるので、しょうがく 1ねんせいなど ひらがなや すうじしか よめない こどもでも よむことができます。

まず いごをしりたい、というひとのための ほんを しょうかいします。 (これらのほんは、おとなのひとたちにとっても よいほんです)

ここで しょうかいした ほんだけで いごの きほんてきなことの ほとんどを まなぶことができます。

かんけいする にっき

こどもには よめない かんじがつかわれている つめごの ほん (子どもには読めないない漢字が使われている詰碁の本)

つめご を おぼえると、とてもつよくなります。したの 3 さつは、もじが よめなくても、いしにかいてある ばんごうで じゅんばんが わかるとおもいます。

これいがいにも、「ひとめの…」というほんがあり、とてもべんきょうになります。

こどもには よめない じょうほう

更新情報


この日記について