いがぴょん画像(小) 2003/06

2006/05/26 日記: 3rd. Developers' Loungeに参加 , Apple HeaderDocを Windowsで使う

[いがぴょんの日記v2,diary,igapyon,ActivePerl,HeaderDoc,3rd. Developers' Lounge,JavaScript] 3rd. Developers' Loungeに参加してきました。 , JavaScriptのコメントからAPIドキュメントを作るために HeaderDocを利用しているのですが、このHeaderDocをWindows/ActivePerlで利用するためのコツ。

広告: イマドキのIDE事情: Eclipseベースの統合翻訳環境「Benten」を使ってみよう 09/27
たげぞうさんの手による Benten 紹介記事!

インディックスページへ戻る
3rd. Developers' Loungeに参加してきました

昨日 3rd. Developers' Lounge が渋谷にて開催されました。こちらに参加させて頂きました。ありがたいことです。

Apache AxisコミッタのKさんと 情報交流をしてきました。
私はかねてより Apache Axis2 に非常に興味を持っていたので、とても有意義な情報が得られました。

artonさんと 技術情報を交流しました。(というか一方的に 情報をたくさん教えてもらいました。)

SAPジャパンのHさんとFさんと 情報交流をしました。

2006.06.10追記 関連する他の方の日記

Apple HeaderDocを Windowsで使う

JavaScriptのソースコード・コメントから APIリファレンスを自動生成させるために Appleがオープンソースで提供している HeaderDocを利用しています。
HeaderDocを Windowsで動作させるには ちょっとしたコツが必要なので簡単にメモします。
※注意: 私は Perlを全く知りません。今回初めて利用しました。この私の判断が正しいことであるのかどうか 自信ありません。

さて、この組み合わせで すぐ動きそうなものなのですけれども、残念なことに一カ所変更が必要でした。これは getpwuid という命令が Windows版の ActivePerlには移植されていないために必要な変更と考えます。変更箇所は下記のようになります。

aheaderDoc2HTML.pl <400行目> (変更前)
} else {
        $homeDir = (getpwuid($<))[7];
        $usersPreferencesPath = $homeDir.$pathSeparator."Library".$pathSeparator."Preferences";
}
aheaderDoc2HTML.pl <400行目> (変更後)
} else {
        $homeDir = "";
        $usersPreferencesPath = $homeDir.$pathSeparator."Library".$pathSeparator."Preferences";
}
※単に getpwuid の命令を無くしてしまうのが目的です。

この HeaderDocは JavaScript以外にも 数多くのプログラミング言語に対応しています。色々使い勝手がありそうでして、私にとっては期待が大きいツールのひとつです。

…これをきっかけに、Perlを 少しだけでもいいから勉強してみようかしら、と思いました。…

関係する日記

世間のニュースから

いがぴょんについて
Last modified: $Date: 2010/09/27 20:42:49 $