top / index / prev / next / target / source

2005-03-24 diary: リッチクライアント技術は Java + SWT に資源集中を行っていきます

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

リッチクライアント技術は Java + SWT に資源集中を行っていきます

検討を行った結果、リッチクライアント技術について私の関係するところは 極力 Java + SWT の組み合わせで勧めることと結論づけました。

リッチクライアント技術は Java + SWT に資源集中を行っていきます

今後 私が関係する範囲において、リッチクライアント技術については下記の組み合わせに対して資源集中を行っていくこととします。

Eclipse Visual Editor 1.0.2.1 の検証を行ってみて、Java + SWT に対して資源集中を行うのが適切であろうと判断することができました。とはいえ、一定以上の技術を保持している人間という条件付きならば SWTおよびそれをとりまく諸条件が実用的なレベルにようやく到達したのだという判断です。

SWTを扱う際には、下記の書籍を必ず利用することとします。

私は今まで、量の多寡はさておき Swingベース , .NET Framework + スマートクライアント , BizBrowser , Flashなど 様々な リッチクライアント技術を検証したり実際に実務で利用したりしてきましたが、総合力において Java + SWT の組み合わせを選択することが最善であるとはっきり認識できました。

2005.03.30追記 JFace最新版の利用のために Eclipse 3.1 M5a (この時点での 3.1系マイルストーン最新版) を採用することとします。

2005.03.30追記 JFaceのために、下記の書籍をまずは入手してみます。価値があれば必須書籍へと格上げする予定です。(少なくとも一冊は JFace系として必須書籍化する必要があります)

関連する日記


この日記について