top / index / prev / next / target / source

2004-12-18 diary: Debian: インストールの前準備

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Debian: インストールの前準備

Debianインストールの前準備作業としてパソコンのバックアップなどを実施しました。

Debian: インストールの前準備

バックアップ取得

Debianインストールの前準備として パソコン(Microsoft Windows XP SP2)のハードディスクのバックアップ取得を行いました。

バックアップには Norton Ghost と Easy Media Creator 7 を利用しました。必ず復旧できるように DVD-RW媒体に焼き付けました。

いえ、これは別のOSをインストールするから初めてバックアップを取得するというのではいけません。そもそも、もともと定期的にフルバックアップを取っておかないといけないのです。

ドライブ名確認

インストールに先立ち、KNOPPIXを利用して ハードディスクのドライブ名の確認を取りました。Windows上での どのドライブが Linux上では何と呼ばれるのかのマッピングを確認しておくことは重要です。慣れない内はLinuxでのハードディスク名分からないものですから。

準備した媒体

準備した、または利用したインストール媒体は下記です。

Debian: インストール (失敗編)

Debianの新インストーラーは、とても素晴らしい出来映えだと感じられました。テキストベースなのですが、基本的に矢印キーとENTERだけの操作で大概のことが実現できます。インストールの際のメッセージも直感的で平易な表現となっております。そもそも このインストーラーが 世界の多くの言語にこのまま対応できている、というのが最大の驚きです。すなおに日本語でインストールを行うことが出来ます。

aptベースでネットワークからインストールできる点も これまた素晴らしいです。CD-ROM 1枚で どんどんインストールできます。(そうでないと DVD 2枚程度の容量が必要になるそうです。)

が、インストールの途中で失敗しました (苦笑) 原因は下記のいずれか (または全て) だと考えられます。

いやあ、素人っぽいハマり方をしてしまいました。後日 あらためて挑戦してみようと思います。まあ あらかじめKNOPPIXを利用することによってDebianが私のハードウェアを認識するということは確認済なので、安心感に満ちあふれてはいるのです。

2004.12.20 どうもページファイルを適切に用意してvesa指定を行ったとしても、インストール時にエラーが発生するようです。とりあえず情報収集のために Debian JP メーリングリストに入会しました。

あと、現象確認の目的で、sargeの日次更新CD-ROMイメージを取得してみました。

他の方の日記も発見

Debian: インストール (番外編)

自宅PCのうち、とても古いマシン (セレロン300MHz) があるのですが、それにも Debain 3.2 (sarge) RC2をつっこんでみました。このPCは CD-ROM装置が腐っていて CD-ROMブートが出来ません。そのため FDブートを体験しました。 FDブートは 3枚組でした。3枚目まで読み込んだところで CD-ROM装置を認識させて、以降 Debianベースシステムをインストールさせました。それにしても Debainベースシステムさへセットアップしてしまえば、あとはネットワークからインストールできるというのは驚きです。これは、、、Debianって、ほんとうに素晴らしいですね。

、、、で やはりインストールの途中でエラーが発生してしまいます。はて、なぜだろう。

LinuxでHDDレコーダ関連ネタのメモ


この日記について