top / index / prev / next / target / source

2003-10-13 diary: 和音君ヴァイオリン弦種類変更

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

和音君ヴァイオリン弦種類変更

今日、和音くんはヴァイオリンのレッスンに行ってきました。

風邪っぽい

昨日 子どもの保育園の運動会だったのですが、その後遺症か、なんだか風邪っぽいです。今日は養生しておきたいです。

明日は終日 書籍執筆モード

明日は終日 書籍執筆モードに入ります。みなさんのご理解とご協力をお願い致します。

CATVとEPGとの親和性とは?

先日 CATVの定期保守があって、CATVでのBSチャンネル視聴の説明を受けました。ほとんど乗り気だったのですが、これをパソコンチューナーボード+EPGで 快適なテレビ視聴が可能かと問い合わせたら、それはできないとのこと。なんでも CATVでBS視聴を行ったら、なぜか 映像端子で視聴するとのこと。私はてっきりテレビケーブルで入力するものだとばかり…。映像端子入力だと EPGとの連動はできませぬ。それって 通常そうなのかしらん。とにかくそれで熱が冷めて CATV契約はしませんでした。ただし クラシック音楽番組の類は よくCATVのBSチャンネルでのみ (というか NHKのBSでのみ) 放送されるので、視聴への欲は冷め切っておりません。ふぬぬ。地上波デジタルなるものが普及してくれば、あるいはパソコンチューナーボード+EPGでの視聴は便利に改善されてくれるのでしょうか?謎は深まるばかり。

レンタルビデオ店でDVD初体験

先日 和音のリクエストにて パンダコパンダという宮崎駿/高畑勲コンビの名作劇場アニメを レンタルビデオ店で借りてきました。今回初めて DVDレンタルをしました。前回は パンダコパンダは VIDEOテープでレンタルしました。いやはや、DVDレンタルビデオ とても良いです。VIDEOテープと違って全く画質劣化がありません。(オリジナル・ソースに起因するノイズは当然ありますが…)いったん DVDレンタルビデオを体験してしまうと VIDEOレンタルビデオは なんだかとっても劣悪なもののように思えてきてしまいます。 DVDゆえに 日本語音声の他に英語版音声が吹き込んであったり、字幕の有無が切り替えできたり、おまけで作成秘話のような特典映像が付いていたりと もうこれは DVD時代が来たかな、なんて思ってしまいます。そういえば、そのレンタルビデオ店では 客が DVDコーナーに集中していました。そ、、、そうなんだって勝手に納得してしまいました。今後 DVDレンタルビデオは 増加の傾向なんでしょうか。一消費者としては歓迎します。一方でコンテンツ作成側は どのような影響を受けるのかしらって ちょっと心配になってきます。スタジオジブリ作品のDVDも レンタル解禁になっていたのですね。今出ている一通りのスタジオジブリDVD化作品が陳列されていたように思えます。ナウシカのDVDリリースが 早くも期待されます。

Vectorホームページ領域が破綻

いがぴょんの日記ホームページv2をミラーリングしている Vectorホームページがクオータ上限を突破してしまいました。とりあえず巨大系なファイルを削除しましたが…。 5MBというのは ちと 容量的に苦しいということが理解できてきました。とはいえ Vectorホームページ領域は無料で提供頂いているものなので 文句を言う筋合いでも無いのですけれどもね。… Vectorさん、ホームページ領域をご提供頂き、どうもありがとうございます (笑)

クラシック音楽ネタ: 和音用分数ヴァイオリンの弦の種類変更

和音の1/8分数ヴァイオリンの弦の種類を スチール弦から ドミナントに変更してみました。音色が格段に太くなりました。ドミナント、恐るべし。

ついでに調べていたら、何と分数ヴァイオリン用の弦のラインナップに オブリガート弦が追加されていました。これにはびっくり。ただし値段がハるので、とりあえず和音君にはドミナント弦を使ってもらおうと思います。

そういえば、私は 松ヤニを ヒルに変更しましたが、和音くんの松ヤニもヒルに変更しました。松ヤニの音色に対する影響は、改めて大きいです。

クラシック音楽ネタ: 和音君のヴァイオリンレッスン ようやく左手に突入

いよいよ和音のヴァイオリンレッスンも 左手に突入し始めました。私の影響で肩あては使っていないのですが、まあこれは ポジションチェンジに出会うまでは肩あて無しでもいいか、という結論でとりあえず突き進むことになりました。

世間のニュースから () 2003


この日記について