top / index / prev / next / target / source

2002-09-06 diary: Java言語を辞めたわけではありません

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Java言語を辞めたわけではありません

渡辺義則さんからツッコミ受けました

Java言語を辞めたわけではありません

渡辺義則さんと世間話メールをしていて突っ込まれたのですが、別に私 Java言語を辞めたわけではありません。たまったま 今携わっているのが Visual C#.NET なだけです。お仕事で やってるだけなんです。しかしまぁ Visual C#なる 新しい言語開発環境を 結構楽しんでいるのも確かです。お仕事さまさまですねぇ。また Visual C#.NET + ASP.NET から様々なことを学びました。主に生産性向上にまつわるメッセージですかねぇ。これらは Java言語においても意識すべき大事なことですし 一介のプログラマーとしても学ぶところが多いです。

Visual C# + ASP.NET: System.Web.UI.WebControls.Repeater を初めて使いました

動的に表の行数が変わるページを実装すべく Repeaterを使いました。四苦八苦しながらようやく動作する物を書くことが出来ました。(DataSetを使わずに実装しました) Jakarta Strutsの経験があったからこそ何とかなりましたが、現状の情報量ではどうも難易度高かったです。でもこれで晴れて 可変行数な表を実装できるようになりました。ほっとしています。これで順風満開で開発は進む…のかしらん (苦笑)

そういえば Visual Studio.NET って JBuilderと同じように ソースコードとビジュアルが双方向に連動可能であるように作られています。ボーランドが2-Wayツールとか呼んでいるやつです。Visual Studio で C++ などの画面を作っていると そこらへんが ウィザード用タグが沢山埋め込まれがちなのですが、Visual Studio.NET は そのようなウィザード用タグが最小限にとどめられていて テキストエディタと IDEとしてのVisual Studio.NET とを併用することが可能になっています。この点はすばらしいことだと思います。

和音(長男)のためのホームページ

ちょちょっと作りました。和音君は喜んで使っています。

世間のニュースから () 2002


この日記について