top / index / prev / next / target / source

2002-07-18 diary: ヴァイオリンを調整に出しました

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

ヴァイオリンを調整に出しました

かかりつけの楽器屋さんにバイオリンを調整に出しました。

世間のリリース () 2002

クラシック音楽ネタ: ヴァイオリンを調整に出してきました

先日の演奏会(7/7)の後 ヴァイオリンを 1週間 杉山ヴァイオリン工房に 調整に出していました。弓の毛替えも併せてお願いしました (いつもムスタングを弛めに張ってもらっています)。さらについでに あご当て も新しいのを買いました。今まで私が使っていたのと同じ真ん中に着くタイプのものなのですが、形が少し異なるタイプです。ふにゃふにゃってカーブが付いています。GEWAの製品です。

さて、ヴァイオリンが帰ってきてびっくり、超私好みなセッティングになって帰ってきました (そういう風に注文しているのだから当然でしょうが)。 倍音出まくりで ホワイトノイズばりばり出まくり。ざりざり、しゃーしゃーものすごい音が出ます。これはマニアックな状態になったなあと感心しました。、、、この調整直後の状態って マニアックなヴァイオリニスト以外には理解できないセッティングでしょうねぇ。前回のヴァイオリン調整の後に山岸Jrさん達に ヴァイオリンの音色を聴かせたら さすがに理解して貰えませんでしたもの。

ただし マニアックなセッティングな分、さすがに しばらくは ヴァイオリンが 演奏会向きでは無い状態になりそうです。早く弾き込みたいのですけれど 仕事忙しいですしねぇ。(土曜日に執筆が食い込んでいるのであった…) JAO30新潟 がもうすぐだというのに… (苦笑) なんとか JAO30新潟までには 一般人に理解可能なレベルまでは弾き込みたいと思うのであった。

関連する日記

世間のニュースから () 2002


この日記について